設定パラメータ/ドメインキー・アイデンティファイド・メール

提供: Sympa-JA
移動: 案内, 検索

設定パラメータの書式は、

名前

です。名前の後はスペースまたは水平タブを任意の数書けます。

「#」で始まる行や空行は無視されます。

設定場所
サイト全体の設定はsympa.confまたはwwsympa.confに記述します。歴史的な事情から、サイト全体の設定ファイルはふたつに分かれています。
仮想ドメインごとに、robot.confで設定パラメータを上書きできます。
初期値
設定パラメータがない場合の初期値です。「名前」だけを記述すると空の値を設定したことになり、初期値が適用されません。

設定パラメータの変更を反映するには、Sympa (およびFastCGIサーバ) を再起動する必要があります。

ドメインキー・アイデンティファイド・メール (DKIM) 署名機能には、Sympaの6.1版から対応します。それ以前の版では対応していません。

この機能を利用するには、Mail-DKIM CPANモジュールをインストールしなければなりません。

目次

dkim_feature

DKIMに基づくメッセージへの署名機能を有効にする。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 
off

dkim_add_signature_to

DKIM署名を付けるメッセージ。「robot」(システムが自動送信するメッセージ) と「list」(リストで配信されるメッセージ)。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 
robot,list

dkim_signature_apply_on

読者に配信するメッセージのうち、DKIM署名を付けるものの種類。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 
md5_authenticated_messages,smime_authenticated_messages,dkim_authenticated_messages,editor_validated_messages
注 
値は「none」、「any」、または次のキーワードをカンマ区切りで列挙したものです。
md5_authenticated_messages,smime_authenticated_messages,dkim_authenticated_message,editor_validated_message

dkim_private_key_path

DKIM秘密鍵を格納しているファイルのパス。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 

dkim_selector

DKIM公開鍵をDNSへのクエリによって探す際のセレクタ。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 

dkim_signer_domain

RFC 4871 で定義される「d=」タグ。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 
仮想ホストのドメイン名

dkim_signer_identity

RFC 4871 で定義される「i=」タグ。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 

dkim_header_list

メッセージに署名するときに含めるヘッダ。

設定場所 
sympa.conf、robot.conf
初期値 
from:sender:reply-to:subject:date:message-id:to:cc:list-id:list-help:list-unsubscribe:list-subscribe:list-post:list-owner:list-archive:in-reply-to:references:resent-date:resent-from:resent-sender:resent-to:resent-cc:resent-message-id:mime-version:content-type:content-transfer-encoding:content-id:content-description
個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール