CPANモジュールをSympaのみで使う

提供: Sympa-JA
移動: 案内, 検索

SympaのためにCPANモジュールのバージョンアップが必要になったが、Sympa以外のソフトウェアでは既存のバージョンを使い続けたい、という場合もあります。このようなときは、新しいバージョンのモジュールをSympaのみで使うようにするとよいでしょう。

多くのCPANモジュールは、ExtUtils::MakeMakerモジュールを使ってビルドされます (このモジュールはPerl 5.8.1以降で標準モジュールとなっています)。ExtUtils::MakeMakerでは、モジュールのインストール先を変更できます。

方法

CPANサイトからモジュールのソースパッケージをダウンロードして、展開します。たとえばFoo::Barモジュールの0.000版なら、次のようになります。

 $ wget http://search.cpan.org/dist/Foo-Bar-0.000.tar.gz
 $ gzcat Foo-Bar-0.000.tar.gz | tar -xf -
 $ cd Foo-Bar-0.000

ソースツリートップのMakefile.PLの内容を確認します。最初のほうに次のような記述があれば、

 use ExtUtils::MakeMaker;

このモジュールはExtUtils::MakeMakerを使っています。

Makefileを生成します。この際、オプションによってインストール先を変更します。

 $ perl Makefile.PL PREFIX=/usr/local/othertools LIB=/home/sympa/bin

ここでは、Perlパッケージを/home/sympa/binに、その他のファイル (PODから自動生成されるマニュアルページや、付属のコマンドラインツールなど) を/usr/local/othertools配下へインストールするようにしています。

ビルドし、インストールします。

 $ make
 $ make test
 # make install

/usr/local/otheretools配下にインストールされたファイルのうち、必要なもの (コマンドラインツールなど) を適切な場所へ移動します。

説明

Sympaは実行に必要なPerlパッケージを探すとき、Perlの標準のサーチパスの前に、/home/sympa/binの直下を探します。従って、そこにインストールされたPerlパッケージはSympaだけが使います。

通常は、Perlパッケージ (ライブラリ) のみをインストールすれば十分ですが、MHonArcのようにコマンドラインツールを利用するパッケージもあります。

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツール